批評特集 歌集紹介
佐田 公子 歌集 『夢さへ蒼し』
いりの舎刊(令和2年12月) 新輯覇王樹叢書第230篇

◇帯文

長男と夫が確かに生きていた、その帰らぬ日々。
 取り返したくとも二度と戻ってこない時間。
    夢のような時は限りなく蒼い。


ーー東日本大震災からまもなく10年。不確かな大地
を踏みしめ必死に生きてきた人々、その悲しみには比
べものにならない身辺であるが、その同じ大地に立っ
ているという思いを深くする。

    

  • 『方丈記』書きしはわれの齢より長明若しと気づく雪の夜
  • 家々の庭木に掛かるTシャツを着るべき子らを帰せ! 荒海
  • いづこからくる哀しみか やまとうた 二上山(ふたかみやま)の夢さへ蒼し
  • 山茶花の一枝挿せば一人なるわが部屋(ぬち)に君の香のせり
  • 満開の社の桜を見上げたり 君とわれとの永久(とことは)さくら

                      著者自選5首
このページのTOPへ